読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼルダの伝説のブログbyルーサク

ゼルダの伝説に関する思い出、感想、評価、考察、音楽、グッズ、最新作ニュースなどを語るブログ。攻略系のブログではありません。

ゼルダについて熱く語ってたらゼルダのニコニコ生放送「ヲタ×マニ」に呼ばれました

メインブログのほうでは告知していたのですが、

なんとゼルダブログを書いていたら公式生放送に呼ばれてしまいました。

実況主ではないただのブロガーなのに。

めっちゃうれしかったです。

その時の素直な感想は以下の記事で。

blog.lusaku.jp

 

ヲタ×マニとは?

私の出演した公式生放送はニコニコ動画の有料チャンネル「ヲタ×マニ」という番組です。

一言でいうと

「ゲームを愛する人たちがゲームを語る番組」

 

以下番組ページより

▼番組企画

ゲームをこよなく愛する者達が一堂に介し、

一つのゲームソフトについて深く掘り下げ語り合う

ゲームトークバラエティ番組です。

 

記念すべき初回のテーマとなるゲームタイトルは『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』。

一体どんなトークが繰り広げられるのでしょうか。

様々なトークテーマやお題に愛をもって臨むゲスト達に注目です。

 

 

ということでゼルダ好きが集められました。

 

 

出演者

がっとれーさん

私の一番大好きな実況主。

ゼルダの伝説時のオカリナをサリアルート」でクリアという時のオカリナを使って一つの作品を作り出しています。

また「ゼルダ音ゲー」という時のオカリナの効果音だけで音楽を奏でるという作品も手掛けています。MADではなく実際にプレイしています。ゲーマーとしての腕も申し分ない方。音楽や絵などにも長けている多才な方です。

 

そしてそれ以上に任天堂への愛であったり、業界人の私からしても感心させられる様なゲームたいする考え方、そして人間性。直接お話しできたのでよりファンになってしまいました。

 

 

セピアさん

ゼルダの解説をさせたら右に出るものはいないというゼルダ実況主。

丁寧な解説付きのゼルダ攻略動画が彼の持ち味だと思っています。

 

実際にゼルダ無双の公式生放送に呼ばれていたりと、積極的に活動している方。

渋い声の方なので、ちょっとびびっていたのですが、意外なほど明るくおしゃべりで話しやすい方でした。

 

ズズさん

ゼルダが本業というわけではないのですが、お祭り男として呼ばれていました。

といえどもムジュラの仮面を非情な縛りでプレイしている強者です。

 

実況を見ればなんとなくわかると思うのですが、とにかく面白くまるでお笑い芸人のようでした。実況だけでなく、イベントステージ等にも出演している大物です。いじられキャラとして番組を盛り上げていました。

 

詩衣雫月さん

女性の古参ニコニコ実況主。

もちろんゼルダ大好き芸人。

 

私と同じく公式は初めてだったそうで、初めは「緊張しますね~」と話していたのですが、次第に天然っぷりを発揮していき「やっぱ実況主ってすげぇな」と感心させられていました。

彼女の感想的なものはこちらにあがっていますので。雰囲気がわかります。

伝説のスターブロブ2 記念ページ

 

こまてぃんさん

今回のMCで唯一ゼルダに詳しくない方。もちろんだからこそ分からないところにきれいに突っ込みを入れたり、MCとしてうまく回してくださいました。まるで芸人。

 

この番組の第2回にもMCとして続投するほどです。

 

 

あ、実況主じゃないの私だけでしたねw

 

 

番組プログラム

0.自己紹介&グッズ紹介

1.ゼルダとは

2.クイズ

3.エチュード

4.私の○○ランキング

 

 

0.自己紹介&グッズ紹介

自己紹介と同時に自分の持っているグッズ紹介でした。

私はグッズには特化しているゼルダオタクでしたので割とどや顔でした。

トワプリオーケストラサントラ(世界限定2000枚)」と「ゲーム&ウォッチZELDA(国内未発売)」を持っていきました。(後ろにあるのはNintendo World Storeで買った際にもらった手提げ)

f:id:lusaku-lzot5:20161203085046j:plain

ただ、がっとれーさんは手作りの(愛する)サリアのケーキであったり、

セピアさんは公式生放送でもらった青沼さんのサインと黄金のオカリナ。

各自の色が出ていましたね。

 

 

1.ゼルダとは

ゼルダの全作品、そしてゼルダ史を交えながらみんなで語り合います。

詩衣雫月さんが夢をみる島が好きとか、セピアさんが神トラ→神トラ2、の流れが激熱だったとかそんな話をしていました。

 

やっぱりゼルダ史って面白れぇ。いろんな意味でつながっていますから。

zelda-blog.hatenablog.jp

 

 

2.クイズ

超マニアックなクイズでした。

なべかま亭は以前どんな施設だったか?

とか

パメラの家で流れる音楽の名前は?

とか

自分はゲームをやりこむタイプではなかったのでぶっちゃけ全然分かりませんでしたw

逆に実況主の方々は隅々までプレイしているんだなぁと。

 

セピアさんに至ってはセリフまできっちり覚えていたりとさすがだと感心してばかりでした。

 

ちなみに放送でカットされた問題に「イラスト」を描くというものがありました。

…私の画力はマジで小学生以下。

正直カットされて安心した一方で、自分の絵が放送できないレベルにひどかったかなとか、逆に詩衣雫月さんとか絵がうまかったのに申し訳ないことしたなとか思っています。

 

 

3.エチュード

あの名場面をもう一度ということで、出演者がゼルダのキャラになり切ります。

が、さすがこの番組

選出された場面が

「アンジュの母がアンジュのごはんをボケた振りして食べるのを拒むシーン」

「爆弾屋のおばあさんがサコンにすられたシーン」というもの

 

ぶっちゃけ自分には再現できる能力なかったです。

ズズさんの細かい動きやBGMの再現力は尋常じゃなかったです。さすが芸人というか。

そしてがっとれーさんのボケっぷりもさすがだったというか。

リンク役で前転し始めるという。

 

私はスーツを着てリンクを演じるという奇しくもアイコンの状態に。

気づいてくれた読者がいたのが一番嬉しかったです。

 

 

  1. 私の○○ランキング

各自が用意した、ゼルダにまつわるランキングを語るコーナー

 

詩衣雫月さんは好きな武器ランキング。

1位は弓矢という納得のもの。

あ、そういえば私も以前書いていましたね。

 

zelda-blog.hatenablog.jp

私はダブルクローショットが一番好きです。壁から壁へ飛び移るリンクがかっこいいんですよ!と突っ込みを入れたら、こまてぃんさんが「進○の巨人みたいっすね」と非常に分かりやすい表現を使ったらカットになっていましたww

 

ズズさんはムジュラの仮面に登場する好きな敵

ライクライクに飲み込まれたいじゃないですか!」って誰からも共感を得られないセリフを発する一方、「何も飲み込んでいないチュチュが何のために存在するのか、ぜひ確かめてください」というゼルダ好きにでしか言えないような発言も。

 

セピアさんは好きなダンジョン

やっぱり構造的に優れているものとか熱く語っていました。

「ロックビルの神殿」が入っていたのは納得ですね。私個人は苦手なダンジョンなのですが、セピアさんが語っている様子を見るとまるでセピアさんの解説実況を見ているようでした。

 

がっとれーさんは付き合っちゃいけない女ランキング

さすが変人(ほめ言葉)いっつもこんな話ばっかりしてますからね。

といっても「トワプリゼルダ」→「表情が読めないから」というまっとうな理由であったり…

1位は「ルト・サリア」という組み合わせ。理由は人間じゃない(ゾーラ族とコキリ族)だからという…

 

しかしその後にランキング名を「でもやっぱり付き合いたい女ランキング」に無理やり変えるという荒業を見せてきてさすがだなと思いました。

 

 

ちなみに私は

「遊んでみたいスピンオフゼルダランキング」という妄想シリーズ。

今後このブログで取り上げようかなと思っていますので詳細は伏せておきますが、

例えば「スカイウォードソードゼルダ目線のゲーム」とかを熱く語りましたね。

最後に勢いで5年後くらいに作って見せますとか言っちゃいましたけど(笑)

 

でも作るのは本気で夢です。20年以内。目指しています。

 

 

総括

とにかく楽しかった。5時間強だったけど終始楽しかった。ゼルダ好きが集まり、ゼルダのことを熱く語るのですから。楽しくないわけがない。本気でこういうのを仕事にしたいなと思いました。

 

そして実況者たちのゲームのやりこみっぷりには圧倒されました。

本当にゲームの隅々まで遊んでいるのだなと。ゲームの小ネタとか尋常じゃなく詳しい。

ほんの30分ほどの動画でも何テイクも、何時間も収録に時間をかけているんだろうなと。自分もこういった生放送に呼ばれるためにも実況動画はあげたいなと思っているものの、それだけの気力やスキルはないな複雑な気持ちでいます。

 

そして顔出ししたい。

自分の素でいたいというか、フルフェイスのマスクを被っていたためとにかく息苦しかった。自分が語るコーナーが続くと酸欠で倒れるかと思いました。ふらっふらでした。

収録だったからよかったものの、本当に生放送だったら無理だと思いましたね。

少なくとも次回出演する機会があればもう少し仮面を外していきたいなと思っています。

 

f:id:lusaku-lzot5:20160928234343j:plain

やっぱり職業柄顔出しは絶対にできないんですけど、今の会社でやることやりきったら顔出しできる職に就くか、あるいはフリーランスとして生きていくか、どっちかかなと思っています。

 

そしてがっとれーさんにお会いできてよかった。

これにつきます。

私がツイッターで積極的に絡んでいたこともあり、ちゃんと認識してくれてたというか、これに合わせてなのか私のブログを読んでくださっていたりと。

 

ニコ生でただしゃべるだけの番組をしょっちゅうやっているだけあり、話すのはやっぱり上手だったというか。あの落ち着いた感じを身をもって体感しました。

ゼルダへの愛、任天堂への愛というものをじっくり話したいなとか思っています。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドに見るアニメ調グラフィックの未来とフォトリアルの未来

コラム

今更ながらゼルダの伝説ブレスオブザワイルドがE3 2016“Game Critics Awards”で

Best of Show(総合ベスト)、

Best Console Game(ベストコンソールゲーム)、

Best Action/Adventure Game(ベストアクションアドベンチャーゲーム

の3冠を達成しました。

f:id:lusaku-lzot5:20161010223014p:plain

要するに

総合1位とハード別1位とジャンル別1位

獲れる賞はすべて獲ったという素晴らしい結果。

また同じく世界3大ゲームショウの一つGames comでも総合ベストを受賞しています。

 

近年ゲームのハイエンド映像化が進んでいる中、このようなグラフィックのゼルダの伝説ブレスオブザワイルドが評価されたのは非常に喜ばしいことだと私は思っています。

 

 

続きを読む

ゼルダの伝説30周年記念コンサート~オーケストラにしてほしい曲目をあげてみたレポート~

妄想シリーズ

とうとう今日からゼルダの伝説 オーケストラ30周年コンサートスタートです。

今まで数々の感動を生み出してきたゼルダオーケストラも日本では3回目。

 

3回目といえど名曲多々あるゼルダシリーズからするとまだまだ少ないレベル。

ということで個人的にやってほしい曲を書き連ねます。

私の妄想シリーズです。

 

promax.co.jp

 

f:id:lusaku-lzot5:20161001110614p:plain

 

汽車フィールドメドレー

youtu.be

大地の汽笛のフィールドメドレーですね。

人気曲「汽車フィールドその2」を中心に「汽車フィールドその1」「汽車フィールドその3」「ボンバー列車」「海底」「闇の世界」「魔列車戦」などがテンポよく繰り広げられる。

「その2」から「その3」のつなぎとか熱そうですね。

 

単純に大地の汽笛メドレーでもよいです。

今回新しくCDに収録された「最後のセッション~マラドー戦 後半」。そしてギリギリ収録されなかった「ディーゴ戦」とか好きなのでメドレーしてくれると嬉しいですね。

 

f:id:lusaku-lzot5:20161001083517p:plain

 

 

かぜのさかな(夢をみる島)

www.youtube.com

こちらはアレンジですが。

 

日本ではまだ演奏されていない曲。ゼルダ屈指の人気曲。

あの涙を誘う作品って非常にオーケストラとの相性が非常に良いと思っています。

 

なんだか想像しただけで泣けそう。

夢をみる島単体でぜひ壮大に演奏して欲しいですね。

 

 

トワイライトプリンセスメドレー2

f:id:lusaku-lzot5:20161001084128p:plain

過去2回のオーケストラで演奏されているトワイライトプリンセスメドレー。

 

こちら個人的な事情になりますが、

私の大好きな「ハイリア湖」「傷だらけのミドナ」「忘れられた里」「ルテラのテーマ」「森の聖域」などなどが入っていない。

後者の2つはアレンジだからゆずるとして、「傷だらけのミドナ」「忘れられた里」は一般的に人気曲なので入れて欲しいと思っています。

「傷だらけのミドナ」をメドレーに組み込むのって難しそうですけどね。

 

 

サイレンメドレー

f:id:lusaku-lzot5:20161001110015p:plain

スカイウォードソードのサイレン。

あの静かな感じとサイレンの守護者に追いかけられるときの激しい音楽。

あのギャップをぜひともオーケストラで味わいたい。静かに奏でてから一気に激しい曲調になってほしい。

 

曲として人気とか個人的に特別好きとかそういうわけではないのですが、ギャップというのをオーケストラならではの空気感で味わってみたいなと思っています。

 

 

スマブラ版「時のオカリナメドレー」

youtu.be

ありえないとは思いますが、あくまで私の妄想シリーズなので。

初めてこの曲を聴いた時の感激は忘れられません。あの時のオカリナの名曲たちがこんなにきれいにつながっていく。もしそれをオーケストラで聴けたら。

 

これだけですと非常に短いので

時のオカリナ風のタクト~大地の笛~女神のハープメドレーとかも面白そうだなとか思っています。

 

 

 

ブレスオブザワイルド

youtu.be

アンコールで期待の曲。

普通にあるんじゃないかって思っている。

 

25周年の際、アンコールに当時発売直前のスカイウォードソードからの「女神の詩」

あれは感激しました。

「女神の詩」って非常に派手ですからオーケストラとの相性はめちゃくちゃいいんです。ブレオブのPVの音楽は静かなところから始まり、あのオープンエアーを感じさせてくれる音楽、どのような仕上がりになるか楽しみです。

 

ただ今回はスカウォと違ってまだブレオブの発売日決定がしていない。

それでもぜひ演奏してほしいなって思います。

 

 

最後に

楽しみ!

 

でもネタバレ怖いって思ってる。アンコール曲が何か分かっちゃったらつまらないしね。

でもグッズの売れ方は情報収集したいとか思ってる。

 

このジレンマ。

東京公演を見に行く私は2週間我慢できるかな。

 

今日から行く方は楽しんできてください。

くれぐれもツイッターでの曲目ネタバレはしないようにお願いします!

 

感想は本ブログにあげました↓

blog.lusaku.jp

時のオカリナの思い出~何となく面白いが的確な作品~

各作品思い出

f:id:lusaku-lzot5:20160918185435p:plain

時のオカリナのどこが魅力的なのだろう。

私は一番好きなゲームは何かと聞かれたらこの作品を答えるのだが、その理由は結構悩む。

何となく面白いって答えが割と的確だと考えたりもする。

 

といってもブログは進まないのでこれかなっていう魅力を2つほど。

 

・ゲーム内にいるだけで楽しい

・コンパクト

 

 

続きを読む

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHDのサントラCD!幻の没曲ハイラル平原もあり!

グッズ

10年待ちました。トワプリのサウンドトラック。ゼルダって良曲ぞろいですけど、中でもトワプリは個人的にお気に入り。

 

ここで初めて正式な曲名が明らかになったりもしているので、そういった点を中心に感想行きたいと思います。

 

 

  

続きを読む

歴代ゼルダ総選挙(勝手に結果発表やってみた)

ランキング

さてさて前回に引き続き今度は歴代のゼルダで個人的なランキングやります!

ゼルダもリンクと違って各キャラ各作品によって個性ありますからね。選び甲斐があります。

ゼルダ関連だとネタバレは避けられないので注意です。スカウォ、風タクあたりは要注意。

 

 

第5位 ふしぎのぼうしゼルダ

f:id:lusaku-lzot5:20160626223424p:plain

序盤から会える幼馴染のゼルダ

そしていきなり時オカスタッフのアレンジBGMが流れる。あ、これはゼルダが好きな理由とは関係ないか。

最初にこんな明るいゼルダとデートできるのは良いですよね。

 

 

第4位 スカイウォードソードゼルダ

f:id:lusaku-lzot5:20160626223528p:plain

同じく幼馴染ゼルダ

ただこのゼルダは可愛さ、積極性に加え、女神ハイリアの生まれ変わりで実力を持ち合わせ、なおかつその活躍っぷりを見られるっていうのが他のゼルダにない魅力だと思っています。

 

 

第3位 風のタクトゼルダ

f:id:lusaku-lzot5:20160626223626p:plain

作品の半分以上はテトラとして登場しますが

強気なテトラ

→自分がお姫様という事実に困惑するゼルダ

→開き直って強気なままリンクと一緒に戦うゼルダ

この成長っぷりが好きです。

最後のガノン戦中「リンク! ここらで、トリックプレイと シャレ込もうじゃないか!」と、ゼルダが話しかけてくるのが大好き。名ゼリフ。こんなお姫様似つかわないセリフを放つゼルダは風タクゼルダくらい。

 

 

第2位 トワイライトプリンセスゼルダ

f:id:lusaku-lzot5:20160626223906p:plain

とりあえず見た目が好き。美しすぎる。HDでさらに進化。

そして女王としての責務を果たそうとしている点、そして命を賭してミドナを守るところ。

ゼルダって王女っぽい働きよりも賢者っぽい働きをしているゼルダが多い中、国のために、国のトップとして努める。そんな風潮が強いのがトワプリゼルダかなって思っています。

blog.lusaku.jp

 

 

第1位 大地の汽笛ゼルダ

f:id:lusaku-lzot5:20160626224010p:plain

幽霊としてリンクと共に冒険する相棒。シリーズ唯一相棒となってくれるゼルダ。このゼルダが1位で間違いないでしょう。

とにかくゼルダと一緒に冒険している時間が長いのですから、お茶目なところであったり頼れる部分であったり女の子っぽいところを見られたりと好感度アップしかないです。見た目もかわいいですしね。

 

大地の汽笛どうしてもパッとしない作品ではあるのですが、このゼルダの存在やBGM、謎解きの難易度およびヒントの出し具合などシリーズ屈指の名作だと思っています。

 

 

最後に

可愛さ基準で選んじゃうかなぁとか思って始めましたが、基本的には内面的なもので選んでしまいましたね。その作品がどの程度好きかというのもありますし。

 

そろそろゼルダ30周年のイベント来ないかなぁ。

 

関連記事

zelda-blog.hatenablog.jp

歴代リンク総選挙(勝手に結果発表やってみた)

ランキング

ニンドリで歴代リンク総選挙たるものがあったらしいので自分でもやってみました。

 

リンクといえどたくさんのリンクがいますし、同じリンクでも作品によって雰囲気が違います。もちろんキャラクター性はプレイヤーの想像に任せる部分もありますので、私の脳内補完によりランキングが推移している部分もありますので悪しからず。

 

第5位 時のオカリナのリンク

f:id:lusaku-lzot5:20160502221700p:plain

世界を救うために大事な人から、育った故郷から離れて行く様、実は自分が一緒に育ってきたコキリ族と違う種族であることを受け入れる様、こういったところがかっこいいなぁと思っています。

 

運命に流されている感はあるものの、そんな中で運命を受け入れているところがこのリンクの特徴的な部分だと思っています。

 

そして功績が報われず、トワプリで骸骨となって出てくる演出とかも好き。

 

 

第4位 神々のトライフォース2のリンク

f:id:lusaku-lzot5:20160502222004p:plain

正直自分でもこのリンクのどこが魅力的なのか説明しづらいです。

ひとつは表情が豊かという部分があります。2Dの割に。壁にぶつかったときとか。

 

ストーリー的にはラヴィオと対の位置にいたり、ハイラルとロウラルのどちらも救う勇者であるといったところが魅力的だと思っています。

半分は神トラ2のリンクの魅力というよりも、神トラ2自体の魅力ではありますが。

 

 

第3位 ふしぎの木の実のリンク

f:id:lusaku-lzot5:20160502222059p:plain

こちらのリンクも2つの世界を救うところが好き。

何より神トラで世界を救って、こなれているところが良く、さらっと異界の地まで救ってしまうところが好き。

 

漫画版だとディンやネールも関わってくるのでなおかっこよく見える。

 

 

第2位 風のタクトのリンク

f:id:lusaku-lzot5:20160502222222p:plain

妹想いのいい兄貴。

抜けているあの顔と勇ましい顔のギャップが好き。

 

地味に時の勇者の子孫ではないけど頑張る、つまり先天的なものは持ち合わせていないけれども根性で風の勇者と呼ばれるところが一番好きだったりする。

 

 

第1位 ムジュラの仮面のリンク

f:id:lusaku-lzot5:20160502222248p:plain

時オカリンクと同一人物ではあるものの、こっちの方が断然好き。

 

どういった描写から感じるのかも分からないけれども、既に世界を救った貫禄があるというか。

子供なのに弓矢を使えたり、クリミアさんやアンジュさんを助けているところがかっこよく見えます。

 

少なくとも公式イラストじゃ時のオカリナのリンクが幼児っぽいのに対し、ムジュラリンクは筋肉質でたくましく見える。

 

 

 最後に

なんで好きかっていうと説明できないものが多かったです。

何となく好きというのが強いです。

作品への思い入れで補正はかかりますし。

 

 

ニンドリの結果発表はいつなのでしょうか。

楽しみです。

→結果発表

1位 トワイライトプリンセスのリンク

2位 時のオカリナのリンク

3位 スカイウォードソードのリンク

4位 ムジュラの仮面のリンク

5位 風のタクトのリンク

 

でした!

そこそこ乖離したかなって感じ。

単純にプレイ人数の関係もある気がする。

 

関連記事

zelda-blog.hatenablog.jp