読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼルダの伝説のブログbyモリヌマ

ゼルダの伝説に関する思い出、感想、評価、考察、音楽、グッズ、最新作ニュースなどを語るブログ。攻略系のブログではありません。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドに見るアニメ調グラフィックの未来とフォトリアルの未来

コラム

今更ながらゼルダの伝説ブレスオブザワイルドがE3 2016“Game Critics Awards”で

Best of Show(総合ベスト)、

Best Console Game(ベストコンソールゲーム)、

Best Action/Adventure Game(ベストアクションアドベンチャーゲーム

の3冠を達成しました。

f:id:lusaku-lzot5:20161010223014p:plain

要するに

総合1位とハード別1位とジャンル別1位

獲れる賞はすべて獲ったという素晴らしい結果。

また同じく世界3大ゲームショウの一つGames comでも総合ベストを受賞しています。

 

近年ゲームのハイエンド映像化が進んでいる中、このようなグラフィックのゼルダの伝説ブレスオブザワイルドが評価されたのは非常に喜ばしいことだと私は思っています。

 

 

 

ハイエンド映像作品

f:id:lusaku-lzot5:20161010223316p:plain

昨今、「素晴らしい映像美を」とかどうやらゲームの映像はリアルであればリアルであるほど良いという風潮があるように感じられます。

 

といえども私みたいなただのゲーム好きな文系からするとある一定レベルの映像美を超えてしまえばあまり気にならなくなってしまうというのも事実です。

 

むしろ任天堂のゲーム映像美ってそこまで必要性がないと思っています。フォトリアルではないので。

その理由が顕著に表れているのは「マリカート8」と「風のタクトHD」あたりだと私は考えています。

 

例えばマリオカート8の「ネオクッパシティ」。DSから進化したという思いで補正もあるかもしれませんが、非常に美しく表現されています。これ以上リアルさを求める必要があるのか。このような疑問が生じます。

f:id:lusaku-lzot5:20161010223416p:plain

 

そしてゼルダの伝説風のタクトHD。正直2002年に出たゲームキューブのオリジナル版でもきれいだと感じていました。今見ても。それがHD化することによって光の強さが変わり、プレイヤーに「この島暑そうだな」といった「温度感」まで伝わってきました。

f:id:lusaku-lzot5:20161010223448p:plain

既に満足していた2002年版「風のタクト」からさらにきれいになった2013年版「風のタクトHD」。もうこれ以上我々はグラフィックの良さを求めるのでしょうか?現状に満足しているのではないでしょうか。だからこそある程度のグラフィックのスマホゲームや3DSといた携帯ゲーム機が遊ばれているのではないでしょうか。

 

 

映像美も求められている

もちろん映像美を求める人はいる。だからこそ究極の映像美を作り出そうとしているわけですし、ハードもさらに進化している。

 

ただ、PS2PS3の映像美の発達よりもPS1→PS2の発達の方が感動しましたし、PS3→PS4に至っては「確かに奇麗になったけど…昔のハードの進化に比べればあまり驚かなくなったな」と思いました。

下の動画が分かりやすいかと。

youtu.be

もちろんハイクオリティな映像を探求する心はゲーム業界の発展に欠かせないのかもしれませんが、それが最優先事項ではないとも思うんです。

 

 

改めてゼルダのトゥーンレンダリングゲームが評価されて素直にうれしい

正直これからはハイエンドな映像がゲームで評価される時代なのかなって思っていました。そのような風潮がゲーム業界にあるのだと思っていました。

 

f:id:lusaku-lzot5:20161010225041p:plain

そう思っていた矢先に自分の大好きな「ゼルダの伝説」の最新作がアニメ調で、なおかつE3で総合大賞をとっている。自分が個人的に評価しているわけではなく、世間が「ゼルダの伝説」の最新作を評価している。映像がリアルなら良いわけではないと証明してくれた。非常に嬉しかったです。

 

もちろんアニメ調だから受賞したわけでなく、試遊の中身が良かったのかもしれない。ただやはりインパクトがあったのはあの映像だと思っています。あのPVの再生数は米任天堂の歴代最高数とのことですし。アニメ調でも頂点はとれるんだぞと。

youtu.be

 

フォトリアルなゲームとの闘いじゃない

フォトリアルとアニメ調じゃフォトリアルの方が技術的に優れているかと思っていました。

しかし実際には「トゥーンレンダリング(アニメ調)のHD化の方が難しい」という話も聞いたことがあります。だったらアニメ調も評価してほしい。そう思いました。アニメ調だからグラフィックが汚いとかそういうわけではありませんもんね。

 

人喰いの大鷲トリコもそう。PS4にあんなゲームがあってもいいじゃないか。

 

まとめると、

単純に「フォトリアル」と「アニメ調」はゲームのジャンルの違いであって性能差ではない。そう思っています。比べるのは野暮なもんだと。

「リアル=きれい」ではない。アニメ調でも「きれい」はできます。

って感じです。

 

うん。だからたまにはスーパーフォトリアルなゼルダもあっていいのかなって期待しています。ゼルダってどっちでも合うのが強みだと思います。

youtu.be

↑非公式のファンメイド作品です。